News / Nunn Road / 2018 / March 2018

3月8日の卒園の会、大変お世話様になりました。狭いスペースで窮屈な中、保護者の皆様が見守って下さって心に残る卒園の会にすることができました。卒園児のお母様方からのプレゼント、とてもかわいくて素敵です。在園児のお母様方からのプレゼントも、皆様大変喜ばれていました。ありがとうございます。又、第二部や食事会も大変お世話になりました。とても温かい会でした。

 卒園児13人という大きな年長さんクラスでしたが、だからこそ、サリー先生が1月病休になった時も、彼らが中心になって小さい子達を助け、豆まき、チャイニーズニューイヤーの会、ひなまつり、たくさんのお誕生会をやり終えることができました。祈り、信じ、助け合えば、どんな大変なことでも乗り越えることができるということを彼らは教えてくれました。

 そして、今年は、チャイニーズニューイヤーが遅かったため、事前に少しずつ準備はしたものの、本格的に卒園の会の練習ができたのは、二週間だけでした。それでも、毎日毎日積み上げる中、歌や詩、劇など頑張ってくれたんです。小さい子達も自由遊びの時間や、Vanを待っている時に、卒園児の真似をして歌ったり劇をしたり、そこには、みんなで作り上げ、お兄さんお姉さん達を送り出してあげるんだという雰囲気が感じられました。

 小さい子達なので、お別れ、新しい出発など、いろいろなさみしさ、不安が、次から次へといろいろな形で現れました。毎日一生懸命、「忘れないよ」「20歳になったら帰って来るよ」のお手紙やプレゼントを作った子達。最後だから、お庭で汗びっしょりになって走り回ったり木登りしたり、はじける笑顔で過ごした子達。心が繊細になっている時なので、小さなことで言い合いしたり、そして、話し合い、大好きした子達。

 本当に、凝縮した集大成の2週間でした。体調を悪くする子供達も出てきたので、みんなで必死にお祈りしました。当日は練習を一生懸命頑張ってくれたゆうきちゃんが、熱でお休みでとても残念でした。(今は元気になっています。)卒園児達は、全員参加することができました。かい君は、最初熱があったのですが、頑張る中、最後には熱も下がって本当に良かったです。

 小さい子達も、一時間以上という長い時間(大幅に帰宅時間が遅くなり申し訳ありませんでした。)を本当によく頑張ってくれました。

 卒園の会は、一年の集大成。年長児クラスで学んだこと、係の仕事、行事の責任、小さい子達と交わる中身に着けたこと全てが当日発表されます。たくさんの発表を生き生きとやってくれた卒園児達。あの日、本当に感動しました。それぞれの持つ素晴らしさを生かして、これからものびのびと成長していって欲しいと思います。

 

  

   

   

  

  

  

はたちにて 帰って来るよと 愛し子が

離れても 心と心 つながりし

二十四の 健君帰りし おめでとう

ノームさん 守ってください 愛し子を

ナニアにて 出会いし子たち たからもの

たくさんの やさしい思い ありがとう

いつかまた 再会の日を 夢に見て

大好きの はだのぬくもり 忘れない

愛し子へ 贈る言葉は だいじょうぶ

皆さんの 笑顔を胸に いつまでも

次から次へといろいろなことが思い出されます。素晴らしい出会いへの感謝と、明日への希望に託して、大好きな皆様にお贈りします。

橋本健君(ナニア第一期生)は、卒園の会直前にお兄さんとナニアを訪問してくれて、「おめでとう」と言ってくれました。24歳の健お兄さんが「ケーキを焼いたこと、遊んだこと覚えているよ」と言ってくれてみんなとても嬉しそうでした。

 「20歳になったら帰ってきてね」「帰って来るよ」は必ず実現します。☺


Copyright 2013 Nania. All rights reserved. Developed by WDI