News / Nunn Road / 2021 / March 2021

2021年3月5日(金)無事に4人の卒園児たちが卒園し、ナニアから巣立っていくことができました。本当に苦しい一年を乗り越えてきた子供たちです。なおかちゃんとかいり君を1月と2月に一人ずつ送りながら迎えた自分たちの卒園の会、保護者の方々に見守られて一生懸命発表できました。そんなお兄さんやお姉さんたちを見て、小さい子達も長い時間を頑張ることができました。

マスクをつけての発表でしたが、みんな輝いていました。“できないことも多かった一年だけど、自分たちは、やれることを頑張って乗り越えてきたんだ。”と体で表現しているようでした。心と心の繋がりを大切にしてくれた卒園児たちです。卒園の会が終わった後も、一生懸命お手伝いをし小さい子達を大切にしてくれています。

当日は卒園児の保護者の皆様から、かわいい手作りの動物さんたちをいただきました。毎日子供たちは、大切に遊んでいます。そして、工夫して作られた素敵なパウチや、在園児たちへのノームさんのキーホルダーは、とてもかわいいです。在園児の皆様方からの、アルバムも皆様とても喜ばれていました。本当にありがとうございました。

コロナ禍で大変な中、皆様方が心を込めて作って下さった素敵なプレゼントは、ずっとみんなを結び、大切な思い出として励ましてくれることでしょう。私も、この子たちが20歳になって帰ってきてくれる日を楽しみにしながら、大切な思い出とともに生きていきます。

10日に帰国したほのちゃんの飛行機は、朝10時に出発しました。ナニアでは、その時間にみんなでお庭に出て、ほのちゃんの飛行機に手を振りました。“ほのちゃーーん、げんきでねー、心と心はずっとつながっているよ。だいすき。”と言いながら。そして“心と心の大好き”の歌を歌ったんです。そしたら、次の日、飛行機の中からナニアに向かって“心と心の大好き”の歌を歌っているほのちゃんの動画をお母さんが送って下さいました。ほのちゃんは、一生懸命涙をこらえて歌っているようでした。空の上とナニアのお庭で心と心がつながったんです。なおかちゃんは、毎晩この歌を歌ってくれています。かいり君は、心でナニアを見てくれています。そして、これまでお別れしたたくさんの子供たち、またこれからお別れする子供たち、みんな心と心でつながって、自分の道を歩いて行っていることでしょう。こういう素晴らしい子供たちに、幼児期の思い出の一つとして関われている自分、とても幸せに思います。

4月から、新しい学年になろうとしている子供たち、新しく入った子たちもナニアのリズムに慣れてきて、お友達を作り楽しそうに遊んでいます。もめることも大切な経験です。新年中さん達は、手先が器用になったり力が強くなって、工夫して折り紙を折ったり、重い椅子も簡単に運ぶことができます。新年長さんたちは、“次は自分たちの番”と楽しみにしながら卒園児のお兄さん、お姉さんたちとの残りの日々を大切に過ごしています。まほちゃんは30日、りんかちゃんは31日が登園最終日です。しゅんすけ君は、4月ももう少し登園します。それぞれが、新しい明日に向かって進んでいきます。みんな心と心のつながりを大切にして、笑顔で頑張って欲しいと思います。             

鈴本純子 



卒園の会のプログラム

2021年3月5日(金)

平常通り登園

 この日お水は園で用意しますので、水筒はいりませんが、着替えだけ持たせてください。

9:00-9:30 おやつ

9:30―9:45 トイレ

 9:50 保護者の方は、9時50分までに来ていただいて駐車場でお      待ちください。

園児もう一度お水を飲みます。

10:00-10:45 卒園の会(第一部)

10:45―11:00 在園児 水飲み+トイレ+降園

10:45―11:00 卒園児 水飲み+トイレ

            保護者の方 休憩

11:00-11:30 卒園の会(第二部)

11:30―12:00 写真撮影など

12:00-12:45 昼食(家族ごとのテーブル)

12:45-1:00  卒園児あいさつ回り+降園

*この日卒園児のご両親が参加されます。木曜日に念のため各御家族インタビューをさせてください。6人―8人(最終確認は木曜日になります)の方が参加されます。もし、在園児でこの日は欠席しますと言われても全く大丈夫ですのでお知らせください。

  February 2021 (J336)

*在園児はこの日11時に降園します。Van ルートと時間は次の様になります。

Nania11:00―Quayside 11:15―Andaman 11:20―Tamarind-11:25―Marina Bay11:30―SriPangkor11:40―Setia V Residence 11:45

Van の出発時間が大幅に変わるようでしたら、ご連絡いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

*最後になりましたが、MCO中のビデオクリップや私からのメッセージを皆さんに回してくださることを、片平さんがやって下さいました。私が、携帯操作などあまり上手ではないのでご迷惑をおかけしましたが、いつも快く引き受けて下さって本当にありがとうございました。心から感謝いたしています。

チャイニーズニューイヤーの後、2月15日から再開園できJapaneseクラスにも、子供たちの笑顔や活気が戻ってきてから2週間経ちました。その間、新しいお友達が3人入園して、小さい子達なりにも一生懸命園のリズムに慣れて、お友達と遊んだりお歌やチャイニーズニューイヤーのダンスを楽しそうにしてくれているので、嬉しく思います。今年は、卒園の会にも豆まきやチャイニーズニューイヤーの歌を取り入れています。

今年度は、コロナの影響で思うように行事ができなかったり、マスクやフェイスシールドの窮屈な生活でした。そんな中、子供たちは、“心と心の大好き”の歌を歌い続けてくれました。そして、今年1月になおかちゃんの卒園の会、2月にはかいり君の卒園の会をして、心に残る思い出を作り、大好きなお友達を送り出すことができました。

お友達が出発する時は、必ずその子たちの飛行機に向かってナニアのお庭から“元気でね、大好き。心と心はずっとつながっているよ。”と手を振ります。今回帰国したかいり君は、彼も飛行機の中から手を振り“心と心の大好き”の歌も歌ってくれたそうです。彼は一生懸命飛行機からナニアを探してくれたけど見えなかったので、お母さんにこう言ったそうです。“ナニアどこかわからないね。でも心で見えるもんね。” 送った子供たちも、かいり君大好きだから、心で見えるよ。心で聞けるよ。と言ったりします。コロナでハグができなくなったりしたけど、逆に子供たちの心と心の結びつきはもっと強くなったと信じています。私は、いつも帰国したり、違う場所や国に移動する子供たちに “20歳になったら帰ってきてね。先生泊めてあげるから。”と言っています。本当に一人で帰ってきて、泊まった子もいますよ。

さあ、今週からもう3月になりました。ひな祭りの行事をしたら、ほのちゃん、まほちゃん、りんかちゃん、しゅんすけ君の卒園の会が3月5日(金)にあります。この4人は、1人ずつ大切なお友達を見送りながら寂しい気持ちを乗り越えて、クラスの年長さんとして、一生懸命頑張ってくれました。係りの仕事や小さい子達のお手本として、保育者のアシスタントとして、笑顔で活躍して頼りになる存在でした。コロナのため行事での活躍は例年に比べたら少なかったのですが、それをカバーするように日々の生活の中で、小さなことまで目を配らせてくれました。自分自身も、彼らの笑顔にとても励まされました。そんな4人のスペシャルな卒園の会にしたいと思っています。

卒園の会が終わったら、この4人もお別れがあります。ほのちゃんは本帰国で登園最終日は3月9日です。まほちゃんは、3月末にクアラルンプールにお引越しです。そして、りんかちゃんとしゅんすけ君はペナン日本人学校の1年生になります。みんなナニアでの思い出を大切にして、それぞれの場所で頑張って欲しいと思います。

在園児のお母様方、心のこもったアルバムをありがとうございます。皆様喜ばれています。コロナ禍、作業が大変だったことでしょうけど本当に感謝の気持ちで一杯です。スペシャルなプレゼントです。

また卒園児のお母様方も、朝本さん、松本さんも一緒にナニアに動物の縫いぐるみを作って下さいました。小さい子たちが大喜びすることでしょう。それから、在園児のお友達一人一人にも心のこもったプレゼントを作られています。年長さんの人数が少なくて本当に大変だったことでしょう。感謝の気持ちで一杯です。5日は、皆様方の心のこもった素晴らしい卒園の会になることでしょう。  

鈴本純子

Copyright 2013 Nania. All rights reserved. Developed by WDI